中距離競走で子供が11個を鍛えるには注意点を注意しなければならない

子供の中距離走体勢姿勢は非常に重要な中で、長距離の姿勢が重要です.走る姿勢は、すべてのランニングテクニックの基礎で.ここで、私は太極拳の思想を総括して、ずっとはっきりとしていないで、システム化することができません.ポイントは以下:0)、集中、常に、ジョギングのポイント、どこに緊張してリラックスしてリラックスします.1、上半身は正直;2)、下半身はリラックス;3)、体が前のめり、全体がまっすぐにまっすぐに前へ進む.これは体を頼りにする力を入れて人を推進することです;以上3時が最も重要で、常に.よんしよ)、頭部と聳え、背中に直;ご)、腕にリラックスして、后摆;ろく)、体の重さは前に傾いたときには、腹部におさえて、この特別な老子の謙虚実腹は、この道理;ななしち)、背中、特に腰が動いてでねじれて提起尻屈筋といえば、さらに太もも、すね、足が進むたびに進む;は身体を前へ傾斜の力で足を進むのではなく、進んで.太もも、すねはすべて柔軟にリラックス;9で、体は足首から前進する傾向がある、そこで体を推進する.中は足の裏が地面に着地して、正確に言うと、中掌の外側に先に先に、腰の尻、太ももについて言えば、それに着地点は体の重心にならないべきです.これは漕ぐの動作を最小に減らし、膝の圧力に対する圧力を軽減する.11)、足は一定の平行で前進する、このように内回転が過度に、内回転不足はすべて有効に減らして、それから膝の先端の内側、外側の痛みを減らしました.12)、呼吸は自然にリラックスし、すべてリラックスを前提とすることを前提として.これは膝の圧力が小さく、走っては気楽に自然で、しかもジョギング後はあまりにもこわばっ筋肉、筋肉はふだんとても柔らかく、使う必要がある時やっと丈夫です.このように走っては欠点は漕ぐの動作に欠けて、速い.しかし、普段の健康には、ダイエットと実力と実力が増強後のスーパーマラソン.の中で念願の三大方法は主に根拠自身の能力を確定して、天から和尚にはなれぬ、べからず、以下の3種類の方法を紹介し、普段から学ぶことを鍛えて使ったり、試合の訓練に使用する.いち、自己訓練法基本的に鍛えて者に自分の才能を自己練習を主として、量と強度は小さいが、その特徴は訓練の距離と時間が長いと長く、かつ用速を等速、場所のように屋外で、毎週3~4回提案を鍛える効果.合間に、訓練法この方法はドイツ中、長距離のコーチの波·格勒;施設と生理学者セーヌデルは、にじゅう世紀よんじゅう年代を共に創造の.間歇訓練法は、何度練習の合間に厳格な規定を行い、機体が完全回復状態にあり、練習の訓練方法を繰り返し練習する.訓練中将の間歇訓練は3種:高猛者訓練、強化性間歇訓練(A、B型)、発展性間歇訓練.猛者性間歇訓練時間は40秒、心拍数190度/分は120~140度と回復して、強度は大きく、間は大きい、間.