漢方生薬の成分について

媚薬は太古の昔から世界各地の原住民に利用され、世界各地で様々な植物が民間伝承薬として利用されてきました。性冷淡、セックスレスや不感症、セックス時の愛液が少ないなどの症状を解決するものです。媚薬でよく使わている成分は、漢方生薬が多く、漢方生薬は、植物の根や茎、葉、鉱物、動物素材などの自然素材を採用した薬です。その特徴は女性器官の働きを改善したり、ホルモンのバランスを整えたり、血液の流れをよくしたりする、体調を整え、自己治癒力を高める効果があります。これから漢方生薬の成分について紹介いたします。

マカ
マカはアブラナ科の天然植物です。南米のペルーで、厳しい環境のなかに育てられたンジンや大根に似た根菜類です。マカには、精力剤でよく使わている亜鉛やミネラル成分を含まれています。女性の不妊症や不感症、体を整える効果があります。マカを一度育てた土地は、その後数年に渡って不毛になるほど土の栄養分を吸い上げるため、かなりの栄養価の高さが期待できます。

オタネニンジン
オタネニンジンの原産地は中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域といわれ、 中国東北部やロシア沿海州にかけて自生する。薬用または食用に用いられ、チョウセンニンジン(朝鮮人蔘)、コウライニンジン(高麗人蔘)、また単に人蔘とも呼ばれる。体の調整作用があるといわれています。また精力増強や勃起機能改善や女性への催淫効果もあるので、媚薬としても用いられています。

冬虫夏草 は、蛾(ガ)の仲間の幼虫に寄生する キノコの一種。
中国では古来から万病に効く薬として非常に高値で取引されており、この冬虫夏草をめぐって原産地ではしばしば争い事(ネパールの冬虫夏草殺人事件など)が起こるほどです。
主な効能としては疲労回復や滋養強壮、精力増強などの媚薬効果が挙げられますが、ぜんそくや耳鳴りの改善効果も見られます。